読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

萌葱は東大理3トップ合格の夢を見るか?

東大理3再受験のブログです。数学や理科の出題もしています。

久しぶりの投稿です。数学の勉強方針なんか書いていきます。

久しぶりです。

頻繁に更新できなく申し訳ありません。

今日は私の数学の今後の勉強方針について

書いていきたいと思います。

現在の自分の実力がどのくらいかといいますと、

「数学の定型問題はほぼ完成して

応用的な問題にもそれなりに対策出来る」

といったところです。

実際に大学への数学の学力コンテストの問題も

後半の難しい問題(5,6番)は手こずりますが

1,2,3,4番は結構即答できたりします。

(ちなみに10月号は数え漏らしで大幅減点を食らいました)

大体4題を2時間半程度で解答できることを目標にしています。

また、東大数学でも6題完答を目標にしているため、

今後の数学の学習体制について、

「入試数学の掌握」をやっています。

(ご存じでない方は調べてみてください)

また、数学オリンピックの問題についても、

「○○の精選○○問」シリーズ(全部で3冊)をやったり、

「初等整数パーフェクトマスター」、「美しい不等式の世界」、

などを少しずつ進めるつもりです。

また、微積分については「基礎の極意」や「解法の探求」

を使っていきます。

入試問題の総合的な演習としては月刊の「大学への数学

や、「天空への理系数学」をやっています。

あとは数学的発想を鍛えるため「数学的思考の構造」、

「数学の発想のしかた」をやります。

これらをすべてやればそれなりの実力はつくかと思います。

その後は「新数学演習」や東大の過去問を解くことかもしれません。

ただ、この学習方法は定型問題はできるが応用力をつけたい人向け

なので、基礎をつけてから取り組みましょう。