萌葱は東大理3トップ合格の夢を見るか?

東大理3再受験のブログです。数学や理科の出題もしています。

東大理3への挑戦に関しての意見をいただきました(重要)

こんにちは。久しぶりです。

ブログの更新ができず申し訳ございません。

そろそろ毎日更新できそうです。

さて、題名にもありますが、

東大理3に挑戦することに対して

とある方からアドバイスをいただいたので

そのことについて書きます。

東大理3など難関を目指す方への

参考になればよいと思っています。

以前、東大理3を受験することに対して、

何人かの方に相談をしましたが、

当然ながら「無理」という意見が普通でした。

理由としては「東大の他の科類と理3はわけが違う」

「合格するための勉強方法が見えてこない」

「君の戦略がわからない」といったことでした。

 

しかし、私としては「あなたは理3または

それに準ずるところに受かりましたか?」

とか「理3合格者を輩出したことがあるのか?」

の突込みを入れたいところでした。

 

基本的に理3を語ることができるのは

「受かった人」もしくは「合格者を輩出した人」だけです。

それ以外の人は偏見や先入観のみでしか

語ることができないためアドバイスをいくら求めても

意味がなく、見当違いなことを言われるだけです。

 

ちなみに今回意見をいただいた方は

東大理3に合格、医学部を卒業して

多方面で活躍されている方です。

また、能力開発やコンサルティングなどもされています。

 

その方の意見では「十分いけるのでは」とのことでした。

私の今までのお話をしたところ、

「本当に力を入れれば早くて来年には合格レベルには達する」

とのコメントをいただきました。

そこで、「それならトップ合格は狙えますか?」

と質問したところ、「トップ合格は狙うのもいいけど

もっと期間がかかるよ?合格をまずは考えたら?」

と言われました。すかさず、

資金を貯めるからしばらくはかかりそう」

と私の方から言いましたら、

資金は最低限あれば大丈夫だよ。

東大理3ならばアルバイトには困らない上に

学費減免制度や奨学金制度を利用できるから

問題はないと思う」

とのことでした。

 

その後もいろいろとお話が進み、

結論としては東大にトップ(クラス)合格

するには2018年度入試または2019年度入試での合格

を目標にとのことでした。

ただ、あまりだらだらとしてはいけないという条件ですが。

あと2,3年ですが、目標に向けてがんばっていきたいと思います。

アドバイスありがとうございました。

やはり、理3に合格した方の意見なので参考になりました。

 

ただ、その方もおっしゃっていましたが、

「私の見立てではあなたの場合では現在の実力や戦略からして

理3合格や上位合格を狙える可能性は十分あるが、

理3は誰でも受験をお勧めできるわけではない。

あまりにも現実的でない場合はアドバイスはしません。

私のところに東大に合格したいといってアドバイスを求める人は

結構いるけど実力とモチベーションがある程度なければ結局は無理だよ。

私は能力開発もやっているけど、まったく実力のない人を

東大に合格させるなどという魔法のようなことはできない」

とのことでした。

 

いくら理3合格者のアドバイスといえども

実力のない人にとっては意味がありません。

受験には魔法のようなことはないので

そのあたりは実力と相談しましょう。

 

今回の件でわかったことですが、

アドバイスというのは難しいものです。

原則として相談する相手はその経験のある方に求めましょう。

私も経験しましたが、

教員や塾講師などの意見は気をつけるべきです。

安易に鵜呑みにすべきではありません。

(よい意見悪い意見の双方とも)

彼らは科目を教えることが本職です。

受験のコンサルティングなどわからない方が多いです。

(理3などの難関合格者なら話は別ですが)

 

受験のコンサルタントは講師とは別に必要だと思います。

特に理3などのトップクラスの受験ではアドバイス

を求めることは難しいですが、

必ず経験者の意見をもらうようにしてください。

そうでなければ、見当はずれな意見で落ち込んだり変に勘違いして

楽観的になっては受験はうまくいきません。

 

今回のアドバイスはいろいろな意味で参考になりました。

相談に乗っていただきありがとうございました。