萌葱は東大理3トップ合格の夢を見るか?

東大理3再受験のブログです。数学や理科の出題もしています。

旧課程履修者の方へ

数学について注意点があります。

新課程では数学Cは消滅して、行列の分野は「数学研究」(?)

という科目で紹介される程度になります。

また、2次曲線は数学Ⅲに編入されます。

そして、新たに複素数平面の分野が数学Ⅲに加わります。

複素数平面については私の世代では履修していなかったので、

勉強しなおしです。

ちなみになぜ複素数平面が復活したかというと、

「1次変換」が数学Cの消滅に伴い扱われなくなりました。

しかし、1次変換は点の移動などで重要です。

じゃあ、どうやってそれを埋め合わせるかと言うと…

複素数平面」です。

こちらも点の移動を扱います。

実際に旧課程のさらに以前の課程には

1次変換の代わりに複素数平面がありました。

今回の新課程では旧課程の以前の課程が復活することになります。

ときどき、複素数平面の話題は投稿していきたいと思います。

ただし、昔の課程では複素数平面は数学Bでした。

なので、文系の方も範囲に入っていましたが、

今回の新課程は数学Ⅲです。

なので、文系の方には関係はありません。

こういった点からも、「1次変換」の代替手段として

複素数平面が復活するという意図が分かります。