萌葱は東大理3トップ合格の夢を見るか?

東大理3再受験のブログです。数学や理科の出題もしています。

御嶽山の噴火から考える地学の勉強の在り方

まず最初に、このたびの御嶽山噴火で犠牲になられた方へ追悼の意を捧げるとともに、

ご家族やご親族の方々、そして被害にあわれた周辺の住民の皆様、農家の皆様

の苦しみに対して心よりお見舞い申し上げます。

御嶽山の噴火についてはニュースで多く取り上げられていますが、

地学に興味のある皆さんには、

ニュースから得られる情報を受動的に得るだけでなく、

ぜひ、火山についていろいろな知識を

地学の勉強で関心を持ちながら身に付けて、

火山の噴火がいかに恐ろしいことかということを知るとともに、

地学の大きなテーマであり、日本の災害の最もたるものである

地震やその他の災害についても関心を深めてください。

そして、他の人とその知識を共有することで、

日本国の抱える様々な災害について個人レベルで考え、

どのように身を守るかということを国民全体に広く行きわたらせる

必要があります。そのためにも、私は地学の勉強を行い、

地震や噴火の仕組みや地球の構造、歴史、さらには地球の外側の世界

まで、幅広く学習するとともに、

防災や気候の問題といった観点から

他人とお話を広げていきたいと思います。

私にはその使命があると思っていますので、

大学再受験をきっかけに科学と社会のつながりを

深めていきたいと思います。

そのためには地学という科目の地位向上からスタートしなければなりません。

なので、私はブログを書き続けます。