萌葱は東大理3トップ合格の夢を見るか?

東大理3再受験のブログです。数学や理科の出題もしています。

化学の勉強について

さて、「地学」は少し置いといて「化学」の勉強について考えていきます。

まず、前提条件として「化学反応式」を覚えること。

化学反応として何が起きているのかということを把握できないと

まったく理解できないので反応式は覚えてしまおう。

(特に無機と有機の分野)

理論はとにかく比例計算がバンバン出てくるので

比例計算に強くなることが計算上達への道である。

理論、無機、有機共に以下の参考書がオススメである。

鎌田真彰の化学理論化学―合格点への最短距離 (計算問題解法編) (大学受験Do Series)

福間智人の化学無機化学―合格点への最短距離 (大学受験Do series)

鎌田真彰の化学有機化学―合格点への最短距離 (大学受験Do Series)

私が高校生の時に買ったものであるが、

なんと3冊とも絶版である!だけど非常に良い参考書である。

巻末にある付録(理論は公式集、無機と有機は物質の性質や反応式がまとめられている)

をとにかく覚えること!