読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

萌葱は東大理3トップ合格の夢を見るか?

東大理3再受験のブログです。数学や理科の出題もしています。

受験の最重要項目

今からいうことは、大学受験において不変の真理である。

現役生や浪人生、再受験生を問わず、すべての受験生

に言えることなので、受験勉強をする際には心構えて

おいてください。

受験で文系理系問わず、最も重要かつ時間のかかる

科目とは何ですか?

という質問に答えられ、その科目を毎日勉強している方

は問題ないのですが、そうでない人は今からいうことを

実践してください。

先ほどの「最も重要かつ時間のかかる」科目とは、

「英語」です。これだけは大学受験をする際に

避けて通れません。また、大学に入った後や

その後の就職にも大きくかかわってきます。

英語の勉強法ですが、まずは「単語」をやること。

単語集何でもよいので一冊を完璧に仕上げること。

これだけで読める英文はものすごく増えます。

単語の次は文法をやること。

現役生や浪人生は学校や予備校の授業を聞けば

良いですが、再受験生となると昔のことなので

忘れてしまったということが多いと思います。

ここで、受験にも役に立つばかりでなく、

英語の力を高めるには「TOEIC」のテストを

受けてみることをお勧めします。

最近の大学入試では「速読速答」がトレンドになっており、

英文を早く読んで設問を素早く処理する能力が

求められています。

ではなぜ「速読速答」がトレンドなのか?というと、

TOEIC」の影響が大きいと思います。

TOEIC」のテストはリスニングとリーディングからなり、

2時間で200個の設問に答えなければならない

非常に速答する力が試されるテストです。

(ちなみにセンター試験は読解などが80分で50問強

リスニングが30分で25問ですので、センター試験

比較しても時間の制約が厳しいことがわかります)

では、逆転の発想で「TOEIC」の対策をすれば

センター試験や国立大学2次試験や私大の試験は

大丈夫か?ということになりますが、

「速読力」を鍛えるという点では非常に有効ですが、

大学受験には和訳問題や英作文など、

TOEIC」では測れない英語力も求めてきます。

なので、「TOEIC」の対策だけでは不十分です。

しかし、「TOEIC」の対策で英文に対する「免疫」

を付けることは重要です。(特に英語が嫌いという人ほど)

TOEIC」の英文の読解ができ、設問に答えられれば

センター試験は簡単に思えます。

後は、「TOEIC」の対策に加えて、自分の行きたい大学

の過去問をよく調べて傾向を確かめた上で更に

勉強していくという勉強法が良いと思います。

ここで、「TOEIC」の学習の参考となる

サイトを紹介いたしますので、参考になれば幸いです。

⇒ http://tinyurl.com/yio53124