医学部受験に勝つために!数学出題あります

大学受験情報や問題の出題を主に行います。受験生のお役に立てれば幸いです。

結構貴重な参考書みたいです

今では絶版ですが、

駿台文庫の「医学部への」シリーズ

の物理、化学を入手しました。

 

このシリーズは他にも

数学、英語、生物があります。

物理、化学は結構良い問題が多く、

医学部以外の難関校受験にも

おすすめです。

 

ただ、アマゾンなどでも古本で

ありますが、定価よりも高いです。

オークションにもあまり出品がない

ので手に入りにくいです。

 

 

東大模試は難しかったようですね

知り合いの者から聞いた話ですが、

東大実戦は数学が難しかったようです。

問題を入手できたらやってみたい

と思います。

 

ちなみに東大実戦の数学は基本的に

難しいようです。

過去の出題を調べてみましたが、

(模試の過去問を集めた青本)

理系の平均点は30点台が多く、

20点台もたまにあります。(120点満点)

なので、このくらいの難易度であれば

70点くらい取れれば良いと思います。

 

ちなみに東大実戦は上述の理由から

数学が得意な人に良い判定が

出やすいため、数学が得意な人は

少々厳しめに判定を見た方がよい

と思います。私も現役の時に受けた

ときは数学はやはり出来ていて、

そのおかげで判定は

東大オープンより良かったです。

 

 

8月は東大模試です

東大模試を受けられた方へ、

実力が発揮できた場合も

イマイチだった場合でも

模試を良く復習しましょう。

模試は本番に繋げるものです。

 

今から受けられる方へ、

実力を発揮できるように

体調を整えてください。

応援しています。

 

私は東大模試は受けない予定

ですが夏に実力を伸ばすために

勉強をいつも以上にします。

秋以降に模試は受けるかも。

 

 

学士編入について調べているうちに

何故、学士編入を検討する

ようになったかということですが、

いくつか理由があります。

 

まず、学士編入試験について調べて

いるうちに自分でも出来ると

考えるようになったためです。

今までは学士編入と言うと

修士や博士持ちの高学歴な方や

薬学部卒の方などの

独壇場だと思っていて

私では通らないと思っていました。

 

しかし、色々調べた後に

学士編入の予備校の方などに相談

したところ、確かにそういう方々は

合格しやすいのは事実だけど

学士だけでも受験校をうまく選べば

合格は可能だと言われました。

大学によって、学力重視なのか

研究などの実績を重視するのか

医師になりたい熱意を重視するのかは

異なり、受験についての情報を集め、

自分に合った受験校を選べば

十分に勝負できるとのことでした。

 

また、大学により試験科目がかなり

異なる(筆記試験が理数科目を

満遍なく出して英語も課す大学も

あれば小論文のみの大学もある)

ため、自分の得意分野に合わせて

受験ができることも知りました。

 

また、私の専攻や卒業研究として、

生物系の数理のことを扱ったため、

そういった点を医学につなげる

ことが出来ると考えたためです。

 

一般入試も受験しますが、

学士編入にも力を入れていきたいと

思います。

報告になります

お知らせした報告について。

以前に学士編入について

言及しましたが、来年度から

学士編入試験を受験致します。

まだ、受験校は定まっていませんが、

情報を集め次第決定します。

 

また、このブログでも学士編入試験

の情報を出来るだけ提供する予定です。

本格的には先になるとは思いますが、

学士編入を検討されている方にとって

有用な情報を提供できるよう

努力致します。

 

また、一般入試についても並行して

対策を進めていきます。

受験校についても今後検討を進めて

決定していきたいと思います。

ブログでは主に数学の出題や

受験情報の提供を通して

受験生のためになるように

運営したいと思いますので、

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

申し訳ございません。

先程、投稿しました解答ですが、

4.の解答に間違いがありました。

正しい解答はn=34です。

 

過程を含めて見直した上、

訂正版を投稿致しますので

よろしくお願いします。